fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

アドレス不明 

2021/02/18
Thu. 02:50



2月17日(火)12:30の発信で、小2のお子様の書道教室体験についてのメールを下さった、

「ko……m@softbank.ne.jp」アドレスの方、

お書きくださったアドレスも、推測できる誤りを訂正したアドレスもすべてアドレス不明で戻ってきました。
再度、アドレスをお確かめの上、お問合せいただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。


書彩・書道教室



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

トポロジー最適化 

2019/11/14
Thu. 04:05




言の葉の脈。



R0026349.jpg



字の画の脈。


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

卯月の師走 

2017/04/12
Wed. 15:53




5月最終週に開催する個展(追って告知します)の打ち合わせに、日本橋まで。
今回の個展のコンセプトと、ギャラリーの名前がとても関連性が高い。



R0024333.jpg
八重洲の桜の並木道に、どこかで見たことのある綺麗な女性がいた。名前を思い出せない。



6月2週目には企画展も始まります。
4月なのに師走が来ています。


 


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

橋を送る 

2017/02/04
Sat. 14:09




Mのことを書こうと思う。


Mは、橋が落ちていくのを何度か目にしたことがあった。


IMGP2720.jpg


橋の崩落に先立ってきまって鳴る、奇妙な音があった。
よく耳を澄ましていないと聴きとれないくらいの微かな音であったが、Mにはそれがわかった。
そしてそれはどんなに遠く離れた橋からのものであってもMの耳に届いたのだった。
Mにとってその音は気持ちの底をざわつかせる不穏なものであったのにも関わらず、その音が聴こえるといてもたってもいられなくなり、細い糸を手繰るようにして音の鳴る橋に向かった。
橋の袂に着くと、まるでMを待っていたかのように橋は崩れ始めた。
ある橋は対岸に近い橋脚が折れ、ある橋はMのすぐ側の橋脚から崩れていった。
橋脚を失った橋は、全壊するのにそれほど時間を必要としなかった。
Mは、自分の役目は橋の最期に立ち会うことなのだとでもいったように、かたちを失っていく橋を静かに見守った。
あたりがしんと静まると、Mはその場を後にした。
家に帰ったMは、橋全体の外容を思い出そうとするが、どうしても思い出せなかった。
橋桁などはすっかり記憶から抜け落ちていた。
ただ、橋脚の姿、本数と、たしかに自分は橋の最期を見送ったのだ、という記憶だけが残っていた。


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

unheat 

2016/12/13
Tue. 05:08



ユニクロの、かれこれ10年以上も着続けているヒートテックを今季も着る。
袖は指先のはるか先まで、裾は膝まで伸びていて、襟首はバスト付近までワイドに広がっている。
生地なんかもちろん薄々だ。遠目で見たら胸元を開放したシースルーのワンピースだ。
ヒート効果ももうすでにないように思われる。むしろノーマルなコットンシャツの方が保温効果は高いかもしれない。
そんなものでも捨てられずに今季もわたしの肌を包む。



IMGP3740.jpg



年が明ける前に捨てることにした。宣言する。絶対に捨てる。

 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2024-04