fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

メモ 

2022/10/09
Sun. 02:51




待合室に置かれた地域情報紙をめくると、挟んであった紙切れが足下に落ちた。
誰かが書いたメモらしかった。
手のひらにも満たない小さな紙には、三つのアルファベットと、四つの数字が青いインクで書いてあった。
大きさの揃ったちょっと丸まった文字は、品の良い大豆が並んでいるようだった。



R0024870.jpg



ところどころがぽつぽつと滲んでいて、手についた消毒用アルコールが乾かぬまま書いたようにも見えたし、涙の仕業にも思えた。


 

[edit]

CM: 69
TB: 0

page top

伊勢海老のビスク 

2022/03/19
Sat. 03:27




本屋で、お目当ての料理が載った本を探していると、電話の着信音が鳴った。

ハッとして、リュックのポケットに手を伸ばしかけたが、隣の女性がコートから電話を出す方が早かった。

彼女は周囲に人などいないかのように、大きな声で話した。



IMGP3236.jpg



電話の向こうは彼女のお母さんのようだった。

送ってくれた荷物への感謝の言葉と、お父さんに関する二、三の質問をどこかの方言で言った後、少し声を落として、「さらさ」の空きボトルに「アリエール」の詰め替えを入れたら、洗剤がゼリー状になったということをケラケラ笑って話しながら、どこかへ歩いて行った。

私は棚に並んだ背表紙を見ながら、ゼリー状になった洗剤が、繊維の隙間にこびりついたまま乾いた服を想像し、匂い成分が長く残ってそれはそれでありかも、などと思った。

伊勢海老のビスクが載った料理本を見つけたのは、それからすぐだった。

そして写真とレシピと作り方で満足した。


 

[edit]

CM: 18
TB: 0

page top

乾いた風 

2022/02/16
Wed. 15:44




ついこの間まであった家が無くなっていた。

遮られていた空が見え、知らない土地にいる気がした。



IMGP1365.jpg



何も無くなった土地の上には乾いた風が留まっていて、空っぽの冷蔵庫のように静かだった。

前の電柱には何かのシールを剥がした痕があった。

留まっていた風が急に自分に向かって吹いた気がして、ポケットのハンドクリームを握った。


  
 

[edit]

CM: 25
TB: 0

page top

起き抜けの声 

2020/05/16
Sat. 05:49



IMGP8335.jpg



友人に電話をした。

呼び出し音が鳴っている間、前の道を救急車が通って行った。

小さい頃、外で遊んでいる時にサイレンが聞こえると、とても不安になったことを思い出した。

程なくして友人は出た。滑らかではない水分の多い声音だった。

ごめん、寝てた?と私が聞くと、いや、寝てない。とやはりまだ籠もった声で友人は答えた。

どうでもいいことなんだけど、と前置きして、私は、呼び出し音と救急車のサイレンが変にマッチすることを話した。

喋りながら、机の上の紙に「いや、寝てたな」と万年筆で無自覚に書いていた。

友人は、へえそうなんだねえ。と口の運動をするかのように言った。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2024-04