fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

墨と桜 

2008/04/07
Mon. 01:04

「今をえがく書 かながわ」を観に。





この季節、書の展示される空間には桜の気配を感じる。
桜が生けられていたり、飾られたりしているわけではなくても、
どうしてもその存在を感じてしまう。
なぜだろう。





墨の色と桜色、墨の匂いと桜の匂いも合うなあ、と思う。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2008-04