fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

「赤い長靴」 

2008/04/26
Sat. 02:21

ある夫婦のお話です。
この小説に出てくる「夫」の風貌が、私の友人のご主人と重なってしまい、
友人は、こんな思いをして、こんな扱いを受けて、
夫婦生活を送っているのか・・・。
などと、妄想を極めた遺憾の意をもちながら読了した次第です。
そのご主人とはまだ数回しか会ったことがなく、
言葉を交わしたことも僅かで、ほとんど知りもしないのですけれど。





もしかしたら自分も、実は、こんなふうに思われていたのかもしれないな、
などとも考えてしまうのであります。
「ちゃんと返事して!」なんて言われたこともあったなぁなどと・・・。

うん、読まれてないと、なに書いているのか全然解らないですよね。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2008-04