fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

ラカタンバナナ 

2008/07/21
Mon. 03:10

ラカタンバナナをはじめて食べたとき、
なんて美味しいのだろう、と思った。
陽射しの強い夏の日で、
クーラーのがんがんに効いたダイニングで、
つづきの和室には、ヌイと呼ばれる黒猫が香箱をつくっていた。
つい最近まで、なかなかこのバナナを売っているところがなくて、
これを買うために電車で行ったりしていたのだが、
ようやく近所のスーパーでたまに目にすることができるようになった。
行けば必ずあるわけではないので、
見つけたときはにんまりしながら帰って来る。
そして、ひとくちごとに、
濃い窓の影と、
ひんやりとした空気と、
ヌイを思い出すのだ。


[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

2008-07