fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

埋もれた本、および記憶。 

2008/09/23
Tue. 03:50

「角川文庫・夏の100冊」が、書店に平積みされていた。
その中に、あれ、これ読んだっけ?というものがあって、
ぱらぱらとページを捲った。
出だしは記憶にない。
でも、この作家のものは絶対に家にあるはずで、
忘れているだけなのはわかっている。
しかし、これだけ忘れているのだから、もう一度読みたい。
では、家で山積みとなった本の中から見つけ出すことは可能だろうか。
いや、そこまでするパワーも時間もない。無理。
でも、読みたい・・・。
さあ、どうするべきか。





買っちゃうんだろうなあ。

「角川の100冊」よりも「新潮の100冊」の方が個人的に肩入れできるセレクト。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2008-09