fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

納豆 

2009/05/19
Tue. 21:53

昔々、バイト先にU山君という大学生がいた。

ある冬の日、
鵜Y君はコタツ蒲団の横に納豆を発見する。
ちゃんとパックに入った手つかずの納豆。
賞味期限は4日前。
なぜここにそれがあるのかということは
彼にとってノープロブレム。
なんの躊躇いもなく彼は口にする。

数時間後、彼はしびれを訴える。
徐々に筋の収縮が始まり、彼は胎児のようにまるまっていく。
伸びない関節を無理矢理したがわせ、
彼はやっとのことで電話をかける。
救急車がやってきて、彼は一命をとりとめる。





さっき、冷蔵庫の中から消費期限2日前の納豆が出てきて
こんな話を思い出した。

もちろん食べますよ。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2009-05