fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

たとえばの話。 

2009/06/06
Sat. 00:43

たとえばの話。

近所の公園のベンチに、よく腰掛けている、
上品なかわいいおばあちゃんがいて、
少しずつ顔見知りになって、
ある日、持っていたアイスクリームを渡すと、
喜んで食べてくれて、
それからというもの、おばあちゃんを見かけると、
近所のコンビニでアイスクリームを買って行くようになって、
毎回、アイスクリームを食べ終わるまで
世間話につきあうようになって、
そんなことが3ヶ月くらい続いたある日、
実はおばあちゃんは、
アイスクリームが嫌いだということを知ったときの衝撃は、
人格を崩壊させるに余りあるほど大きい。
と思う。

たとえば。ですよ。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2009-06