fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

ゆっくりの調和 

2009/08/16
Sun. 12:00

昔、コーチをしていたテニスクラブに顔を出した。
「日本庭球発祥之地」で、
風通しの良いアーリーアメリカン調のクラブハウスと、
濃い緑に、手入れのゆきとどいたクレイコートが、
時をゆっくりと流してくれている。
友人はまだそこでコーチをやっていて、
そこで彼を見ると、
心の底が妙に落ち着くのだ。
たぶん、そこに流れている時間と
彼の中に流れている時間とが
うまく調和しているのだと思う。
うだるような暑さの真昼どき、
コートにいる人の数も少なく、
蝉の声だけが大きく響き渡っていた。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2009-08