fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

線の試み 

2009/08/19
Wed. 01:51

たとえば、ぱっと見、
同じように見える「線」が、
実は、ちゃんと見ると、
受け手側のそのときの心情や、
とらえ方には関係なく、
作家の意図のみによる、
悲しい「線」だったり、
楽しい「線」だったりする。
たとえば、そんな試み。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2009-08