fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

茅ヶ崎にて 

2009/10/17
Sat. 03:08

友人の展覧会に茅ヶ崎まで。
ピアノのある空間に、「音」をモチーフにした作品が並ぶ。
色彩と線が、音符のように溢れて遊んでいる。
会場のベランダからわずかに海が見えた。





歩いて行くのはけっこうたいへんかも。と言われたが、
やっぱり海まで歩いて行くことにした。
知らない道を歩くのは好きだ。
電線にミサゴがとまっていて、
カメラを向けた瞬間、
「あまいっ!ばーか」という感じでどこかに行ってしまった。





階段に座って海を眺めていると、
散歩途中の黒のラブラドルレトリーバーが
「かまってやってもいいぞ」という感じでこちらを見る。
かまってかまって、と手をひらひらすると寄ってきた。
自然と顔がほころんでしまう。
「撫でさせてやってもいいぞ」と無邪気な眼をよこすので、
はいありがとうございます、と撫でさせていただく。
連れていた人が素敵な女性で、手についたヨダレも忘れ、どぎまぎしながら少し話す。
恋愛小説なら、ここから300ページ、なんなら上・下巻で800ページ。
ぐらいのイキオイでペンは進むのかもしれないが(いまどきペンはないか)、
もちろん、現実は1ページにも満たない。

どぎまぎして、写真を撮ることも忘れていた。





帰る頃には、陽もだいぶ傾いて、
オレンジに染まる海を背景に、
様々なシルエットが際立ち始めていた。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2009-10