fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

知の種子 

2010/04/07
Wed. 04:00

「重箱読み」を知らない19歳男子がいた。
ちょっとした衝撃だった。
最近の中学校では教えないのだろうか。
あるいは話題に出したりしないのだろうか。

私の時代も、
教師が教えなければならないことの中に
この「重箱読み」や「湯桶読み」があったのか、
あるいは、国語の時間の脱線した雑学的話題の中で
これらが出たのかわからないけれど。
(教科書に載っていた気もする・・・)





そう、
的を射た脱線をするための知識が豊富にある先生。

「これだけ教えればいいんでしょ」
といった四角四面な教育ではなく、
教えなければならないことの周辺にある
「知の種子」のようなものを
こどもたちに蒔くことが大切である気がする。
そして、その蒔いた種から芽が出るのを待つ。
いったん根を張ってしまえば、
枝は勝手にひろがっていくだろうし、
たくさんの葉をつけるだろう。
こどもの興味は無尽蔵なのだ。





そしてやがては森になる。
森をもったこどもは強い。
森をつくる術を知ったこどもは、強い。



森泉はちょっと苦手。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2010-04