fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

1Q84 BOOK3 

2010/04/17
Sat. 01:49

学生のころ、村上春樹の小説が大好きな女の子がいた。
私は、ゼッタイナジメナイ臭がぷんぷんと漂っている
彼の小説を手に取ったことすら無く、
彼女の嗜好を「ワカンネ」とただ嗤うだけだった。
でも、彼女がそれほどのめり込んでしまう作家とは
いったいどんな本を書くのだろうと思っていたのも事実で、
何度目かの「読んでみなよ」でついに折れることになった。
「ノルウェイの森 <上>」だった。
・・・数ページで挫折した。やっぱりだめだと思った。
ナジメナイ、と思った。

それから何年か経って、
「レキシントンの幽霊」という短編集を
感傷だったのか、自虐だったのか、
いまとなってはもう覚えていないが、通して読んでみて、
180度考えを改めることになった。
私はいままでなにをやっていたんだ、と過ぎた時を悔い、
なぜこれがわからなかったんだ、と自分の浅はかさを呪った。
それからは、それこそもう自由落下するように
村上春樹作品におちていった。





こういう本をこういうタイミングで買うのって
けっこう恥ずかしい。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2010-04