fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

京都弁でグレる 

2010/11/04
Thu. 01:57


ご懐妊、ご出産、その他諸々をまとめて祝う集まりがあった。

ひさしぶりに会った妊婦の友人は、母になる喜びに満ちた顔をしていて、
数ヶ月前まではなかった、余裕というか、貫禄というか、
そんな後光的なものまで放っていた。

R0015326.jpg

京都弁を学ぶ。
めっちゃ楽しい休日やったわぁ。

高校のころ、遠征で関西(会場が奈良の明日香村)へ毎年出かけていたが、
必ず京都に立寄り、京都弁を話す女子高生と出会うことが我が部の恒例となっていた。
ま、出会うと言っても、ただ街中で、女子たちが話す京都弁のはんなりさに耳を傾け、
友人と、ああ、いい響きだなあ・・・。と悦に入るだけなのだけれど。
ま、出会うためだけの京都経由ではなく、本題がちゃんとあったのだけれど。

こういうパーティーに参加するたびに思うのが、みんなと別れて一人になったときの寂しさである。
グレてやろうと思うで。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2010-11