fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

清潔さに満ちた朝 

2011/01/03
Mon. 03:23






名称未設定 1


ひときわ明るい金星の下に、か細い月がかかっていた。

その壊れそうな月を守ろうとするように、木の枝が手をさしのべていた。

清潔さに満ちた朝。空気も冷たくて。



 

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2011-01