fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

その下の世界 

2012/08/17
Fri. 01:25




友人の娘が、海で拾って来たという、なめらかに磨かれた綺麗なガラスの欠片を見せてくれた。
楕円形の、ちょうどウズラの卵くらいの大きさで、うっすらとしたターコイズ・ブルーが美しかった。
表面は細かな傷で覆われ、曇っていたが、その下にはくっきりと透き通った世界がきちんと閉じ込められていた。
「きれいだね」と言うと、「お守りなの」と彼女。
「でも、こういちくんが欲しかったらあげてもいいよ」と、6歳になるその子は大人びた口調で言った。



R0018029.jpg



もらってくればよかった。


 

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2012-08