fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

とろける光 

2013/08/09
Fri. 04:52



山手にあるいくつかの洋館の窓には、今あまり見ることのできないレトロなガラスが使われていて、表面が完全なフラットではないためか屈折率が一定ではなく、映る景色も、通して観た景色もとろっととろけて見える。

このガラスを通った夏の陽は、どんなに凶悪にぎらぎらしていても許せてしまう。



IMGP5390.jpg



琉球ガラスのグラスをいただきました。表面で躍る光がいい感じに夏です。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2013-08