fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

対話 

2016/10/23
Sun. 04:18



胸に抱えていた、大きな澱みのかたまりがほぼ消えて、ずいぶんと身体が透んだ気がする。


自問自答の、言うなれば二人の自分の対話は、単一方向へ伸びていく螺旋のようなもので、正に向かえばどんどん能天気なほど正に向かうし、負に向かえばどんどん昏い世界に入っていく。

おもしろいのは、正の方は、いやいやこんなうまくいかないでしょ世の中は、と第三の自分である現実論者が現れ、現実的修正を施すが、負の方は、第三、第四の悲観論者が出現し、修正不可能なくらいにまっしぐらに暗黒面に堕ちていく。



R0019600.jpg



人と話せ。ってことですね。

(ねこと話したっていい)

  

 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2016-10