fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

年の瀬。ソース2種。 

2017/12/30
Sat. 02:54




年の瀬などまったく感じさせぬまま、一日いちにちがびっくりするくらい淡々と過ぎていきます。
いいのか、こんなんで。と思います。




IMGP6000.jpg




夏以降、出汁とソースに興味がわいて、共時性と申しましょうか、たまたまマグロ節をいただいたり、歯舞昆布を大量にいただいたりと、なかなか魅力的な訪れもあって、いままでそれほど手をかけなかった料理分野を知的探求しています。

先日、アスパラが見切り品として5把250円(だいたい20本)という超お手頃価格で売っていたので、自己流アスパラソースを作ったのですが、これがたいそう美味しくできまして、一人悦に入っていたわけです。
大量野菜パスタのソースとして食べましたが、魚介や肉のグリルなどにもかなり相性がいいだろうと。
尿酸値を気にされる方には危険なソースですね。

またまた先日、レムラードソースをお店で食べて、あまりの美味しさに次の日に味を思い出しながらすぐに真似てみたのですが、これもたいそう美味しくできまして、一人悦に入っていたわけです。
玉ねぎ一個をみじん切り、そのまま生で使用しましたが、生玉ねぎと相性の悪い私は(大量に摂取したということもあり)まるまる二日臭かったです。
どうもネギ類のにおいを分解する酵素(というものがあるのかどうかは知らんよ)が、私は平均値以下のようです。


まあこんなことがこのところ続きまして、きちんと太ってきています。


<追>
前エントリーの「気づくかな」発言は、そのあとのYoutube「Chris Botti」にかかっていて、「クリぼっち」ということなのでした。つまらなくてすみません。
写真にうっすらと小さく見える月でもいいですし、タイトルの「ながながし夜をひとりかも寝む」が、前年のクリスマスに上げた記事のタイトル「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の」の下の句であるというのでもいいです。
まあ、この三つですかね。



 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-12