fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

欠落の補完 

2019/11/02
Sat. 00:58




映像を見ていて、ふと懐かしさに囚われる場所や景色を目にすることがある。
実際にそこを訪れたこともなければ、住んだこともないのだけれど、そこを目にした途端、胸の内になにか暖かいものが溢れ出してくるのだ。



IMGP0939.jpg



この郷愁に似た感情は、おそらくその映像の中に、情報としては無い、匂いだとか温度だとか湿度だとかを自分で補完し、良い思い出に似た情景を創っているからかもしれない。ちょっと違う気もするが、大きく外れてはいないと思う。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-11