fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

このところの春の 

2014/03/25
Tue. 04:30



このところの春の匂いのいっぱいさが、作品にも影響を与えていて、なんだか春です。

このところの春のあたたかさで、枝ばかりになっていた紅葉が新しい葉を芽吹かせ始めました。
「葉を芽吹かせる」という言葉は合っているかどうかわかりません。また、このところの春は別れの春です。



R0019049.jpg



激務です。おそろしいほどに。


 



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04