fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

寄辺 

2014/04/15
Tue. 02:37



出光興産が提供する「題名のない音楽会」という番組がある。
その番組が始まる前に流れる出光のCMがあって、走る車の窓から、さまざまな場所の出光のGS(ガスステーション)を淡々と撮ったものなのだが、これになんだか心をぎゅっと掴まれてしまうのだ。

初めて走る地方の鄙びた道、エンプティランプが灯った状態で、いつ車が動かなくなってしまうか気をもみながらGSを探したことは一度や二度ではない。
強い日差しが照りつける海沿いの道、雪の強く降る山間の道、住む人が少なくなればそれだけ見つけるのが難しくなり、冷汗が流れる。
そんなとき、遠くの方にGSの看板を見つけたときのほっとする思いと言ったらない。
このCMを見ると、当時の、そんな思いや情景がいっきによみがえってしまうのだ。



img019.jpg




見つけたGSはもちろん出光とは限らないし、出光なんかひとつも無かったかもしれないが、GSと言ったら出光。と言わしめる力がこのCMにはある。


やっと見つけた所が、定休日だったり、閉店していたりしたときは、失意にうちひしがれるのだ。


 

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

西蔵王の大山桜ですね。

けんいち #- | URL | 2014/05/02 21:55 * edit *

Re: タイトルなし

> 西蔵王の大山桜ですね。

そうだったのか・・・、父が撮ったものだから全然どこの桜かわからなかった(笑)。

KOY #- | URL | 2014/05/02 22:42 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04