fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

木の温もりのする工房 

2008/09/14
Sun. 01:36

友人が「La CANTINA」という弦楽器の工房を開きました。





イタリア語で「穴蔵」という意味らしく、その名のとおり地下にあります。





弦楽器製作の聖地として名高いクレモナの工房を彷彿とさせます。





ニスを塗る前の白木のヴァイオリンもとてもきれい。
ものすごく傷つきやすいそうです。





手元に明かりを寄せて、陰影をくっきりと。





昔は揺れる燭の炎で歪みを見つけていたそうです。





友人の手の中に入った途端、楽器の表情が変わります。


元町弦楽器「La CANTINA」
横浜市中区元町5-211-20
キャナル元町B1

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04