fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

抑鬱からの解放 

2015/12/05
Sat. 05:18



「ニキ・ド・サンファル展」を観に。
彼女の作品は、ネットや紙上で何度も目にしていたが、作家の人となりや、制作の背景にあるものは知らずに行ったので、自分が勝手に想像していたものとはある面でまったく違っていたりもして、なかなか興味深かった。



名称未設定 12



それにしても女性の観覧者が圧倒的に多く、作品群の持つ力からか、男性は肩身の狭い思いをしながら観ている感じがした。



名称未設定 2



ちょうどこの日に、この美術館のロビーで千葉清香女史達の弦楽四重奏および五重奏が聴けるということもあって、ちょうどいいやと赴いたのでした。


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04