fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

ボンゴレとカラスミ 

2016/01/30
Sat. 03:38




10年同じ場所で仕事をしてきた友人が昨日退社した。
いま、思った以上の寂しさに包まれている。
会うのは週に一度で、会う度に、「悲しき哉わが人生」をテーマに、ぎゅっと圧縮したひとくちコメントのようなものをお互いに投げかけ、お互いにため息混じりの失笑をするのが習わしだった。
去年の暮れの飲み会で、私が作ったボンゴレが食べたいと言うので、じゃあこんど誰かの家に集まったときにな、という約束をしたのだが、その約束は果たせぬままこの日を迎えてしまったのだった。



R0021425.jpg
フレーグラ。どこかにあったなあと、この画像を探すのにけっこうな時間を費やす。



一昨年、フレーグラというサルデーニャ名物のパスタを手にいれたときに、これも必要だと購入したカラスミパウダーが、賞味期限切れ半年経過で冷蔵庫に眠っていたのを発見した。昨日からの思いの流れでボンゴレが頭にあったので、ちょうどいいやとカラスミパウダーたっぷり入りのボンゴレを作った。味に劣化はないように思うが、あるのかなこれは。

パウダーはまだたくさん残っているので、約束を果たす機会があれば持参しようと思う。たとえ2年後、3年後であっても。卵が孵化しないといいのだが。ボラを持参するのはたいへんなので。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03