fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

恋愛小説 

2008/11/19
Wed. 03:33

過去の自分のことが書かれている・・・。
と錯覚してしまうような恋愛小説が、
ごくごくたまにあります。
必要以上の感情移入はもちろんのこと、
行間を読むことにも命をかけます。
胸がきゅんとしては、ため息をつき、
胸がじゅんとしては、ため息をつく。
そんなことを繰り返ししながら、
ゆっくりと活字を追って、
何度も何度も同じページを読んだりして、
終わってしまうのをできるだけ先延ばしにしてしまいます。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

胸がきゅん・・・・・
胸がじゅん・・・・・

素敵な恋愛だったのですね。。。

M.ロス子 #79D/WHSg | URL | 2008/11/19 17:18 * edit *

M.ロス子さま
こんにちは。
素敵な恋愛しかしたことありませんの(笑)。

atelierkoy #79D/WHSg | URL | 2008/11/20 03:01 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03