fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

曖昧な境界 

2017/01/29
Sun. 04:42



皮膚のすぐ外との境界が曖昧になって、融けたように一体となる感じが好きだ。
たとえばサウナに入った後、水風呂に浸かってぼんやり考え事をしていると、水と皮膚との境が無くなって、いつのまにか意識が水全体になっている。低体温による死が迫っているということではないと思いたい。
すこし体を動かしたくらいでは意識は自分の体には戻らず、水に希釈され融けこんだまま彷徨っている。
水のすべてを知っているようなその知覚はおもしろい。



IMGP1117.jpg



この知覚は体に触れる様々なものにみつけることが出来て、けっこう重要な経験のひとつではないかと思うのだ。




 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03