fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

ラ・フランス 

2008/12/09
Tue. 01:40




洋梨をこよなく愛するようになったのは、ここ数年のことである。
それまでは、ことさら食べたいと思うような果物ではなかった。
なにがきっかけになったのかわからない。
今はこの時季の、欠かせない味覚のひとつとなっている。





最近のワタクシ的な食べ方は、丸ごと皮を剥いて皿の上に立てたまま、
フォークで、ドネルケバブのように削ぎ切りして食べる。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-02