fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

いつのまにか8月 

2017/08/05
Sat. 03:06



いつのまにか8月に入っていた。

気持ちはまだ7月の延長で生活を送っていて、正しく8月の到来を受け止めたのはつい今しがたのことだ。
雑事が、澱のように降り積もる一方でなかなか消化できない。とりかかりさえすればすぐ終わりそうなことなのだが、その始動が困難を極める。ただの面倒臭がりなのだろう。

その一方、大きな仕事はきちんと進んでいて、あと一週間で完成させなければならない作品は佳境に入っている。最後の〆で初の試みをやる予定で、なかなか良いものになりそうな予感でいっぱいだ。



IMGP5051.jpg



伊レストランで、隣のテーブルに座ったカップルの女性の方が、突然テーブルに突っ伏して意識を失った。
ちょうどお店ご自慢のスネ肉の煮込みがテーブルの上にあって、そのお皿にダイブするような格好になっていた。
一緒にいた男性もびっくりして、あわあわしていたので、私も一緒にあわあわしながらも冷静を装い、お店の人を呼んだり、持っていた大量のウェットティッシュをあげたりした。
しばらくしたら快復し、一件落着。よかった。

 

 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03