fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

欲求としての5つの感覚 

2018/03/21
Wed. 05:10



最近、日常における、欲求としての視覚の占める割合が大きい。
少し前までは、聴覚も嗅覚も触覚も味覚も、自分が煩わしさを覚えるほどに貪欲だったのだが、これはいったいどうしたことか。

とはいえ、煩わしさを覚えないほどには貪欲であるのだ。



名称未設定 2



「やみつきしみかりせん」というのを一袋いただいて、2日で無くなる算段をしていましたが、なかなか手が止まらず、”やみつき”だから仕方ないよねー、別に太ってもいいしー、と夕食後15分で消失。

ばりばりしながら製造元を見ると、ふむふむなるほど。と納得がいったのでした。


 

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2018/03/21 05:12 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03