fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

あのボウロ的なもの 

2018/04/06
Fri. 23:19



あの京都の、あのお菓子はいったいなんだったのだ。
ということで。



R0025453.jpg



値段を知った時、 「 nh あ ?! 」 と変な声が出た。
中世ヨーロッパにおける香辛料のように高価。
京都だと思って調子のってんじゃねーぞ。という感想を抱くのがごく自然なほど、高価。



 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03