fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

音と言葉に虐げられる魚肉の夜 

2018/11/27
Tue. 05:22




スーパーの、精肉エリアでひっきりなしに流れる「肉啓蒙の音楽的なもの」、鮮魚エリアでひっきりなしに流れる「魚啓蒙の音楽的なもの」、少し店内を歩いただけで、悪い意味で耳について離れなくなってしまうのだが、店員の方たちはその辺のところ、どう処理をしているのだろうか。



IMGP8746.jpg



その間断なく流れている「魚啓蒙の音楽的なもの」にいつの間にか歩調が合ってしまっていて、気付いた瞬間、苦笑する。一度目は。
それがさすがに数秒後に二度、三度と重なると、パンチをいくつかハートにもらったようなダメージを受ける。


 
 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04