fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

「純子抄」 

2019/04/12
Fri. 03:46




「じゅんこしょう」とその人は言った。
「じゅんこしょう?」と私は言った。


『智恵子抄』なら読んだことはあるが、『じゅんこ抄』は読んだことも聞いたことも無い。
純子か?順子か?淳子か?


「『じゅんこ抄』は読んだこと無いな」と私は言った。


その人は笑いながら私にくれた。
小さな瓶に入った生胡椒だった。



IMG_0889.jpg



 じゅんこはここには胡椒が無いといふ、
 ほんとの胡椒が食べたいといふ。
 私は驚いて調味料入れを見る。
 塩やコンソメの間に在るのは、
 切つても切れない
 むかしなじみの粗挽き黒胡椒だ。
 その横には挽き器もあって、
 黒だけでなく桃色や白の乾燥した胡椒粒が並んでいる。
 じゅんこは窓の外を見ながらいふ。
 六本木のビルとか青山のビルとかに
 入っているお店で売っている生胡椒こそが
 じゅんこのほんとの胡椒だといふ。
 あどけない生胡椒の話である。



 Hommage a 「智恵子抄 (高村光太郎)」




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04