fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

洋上のガラス壜 

2020/05/27
Wed. 02:41




ずっと昔、仲間たちと船で沖釣りに出た。

釣りとは言うものの、本格的にやろうとしているのは、船主の友人ともう一人くらいで、あとは日光浴半分、釣り半分といった態だった。



IMGP2874.jpg



陽はまだ高いところにあったが、そろそろ帰ろうということになった。

そのとき、「流していいかな」と友人の一人が小さなガラス壜を私に見せた。

壜の中には紙片が折りたたまれて入っていて、コルク蓋の部分は蝋で密封してあった。

「なんて書いたの」と訊くと、静かな笑みを浮かべて、友人は首を振った。

潮の流れを船主に尋ねた。

広大な太平洋のど真ん中に向かって流れている。と彼は言った。



 

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/06/20 22:44 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/06/20 22:55 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03