fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

三重縛り 

2020/11/11
Wed. 02:27




金縛りにあった。

夢の中で金縛りにあう寝ている自分、それを見ている自分、そしてその夢を見ている現実の自分。
すべての自分が金縛りにかかっていて、何重もの罠にはまって抜け出せない小動物になったようだった。
魘されかたも半端ではなかった。
目が覚めた後もしばらく、体が動かず、声も出ず。



R0020269_2020111102220291d.jpg



夢の中の部屋には大きな赤い絵が懸けてあった。
いま思うと、ニューマンの「アンナの光」だったような気がする。


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04