fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

あたたかなスープ 

2021/03/30
Tue. 04:41




温かいスープかシチューを食べなければならない。ふと、そう思った。
食べたい、ではなく、食べなければならない。
それも自分でつくったものではなく、人がつくったもの。
意識の上に出てきたのがその時であっただけで、おそらくずっとそう思っていたのだと思う。
ここ数ヶ月、あまり「あたたかい」とはいえないごはんばかりだったので、心が死んでいたのだ。
普段ならスルーしてしまうような小さな欲望を、きちんと掬い上げて応えてやることが、自分を元気に保つひとつの方法のような気がする。



IMGP2582.jpg



桜はあっというまに終わってしまった。



 

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/07/01 21:34 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03