fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

反射挨拶 

2021/10/21
Thu. 04:18




私の、業というか、性というか、あるいは部活動によって培われてしまった則というか、はたまた持って生まれた呪いのようなものというのか、よく分からないのだが、知った顔とばったり会うと、反射的に挨拶をしてしまうという、場合によっては非常にめんどくさいモノがある。

友人、知人ならもちろんまったく問題はない。
問題があるのは、こちら側が一方的に知っている有名人とか、敵側(例えばの話よ)の人たちなんかと思いがけず遭遇してしまった時である。
有名人であれば、向こうは慣れっこだろうし、こちらもちょっと赤面するだけで済むが、敵側(例えばね。しつこいけれども)だと、反射的に笑顔で挨拶した後、なんで挨拶などしてしまったのだ、となるし、向こうにしてもとても困ることだろう。



R0025870.jpg



昔、「平田牧場」の暖簾をくぐって出てきた知った顔に、反射挨拶をした。
だが、向こうは何の反応もなく、軽やかにスルーをし、すたすたと歩いて行ってしまった。
は?と思った。
そこから脳内審議が開かれる。
今の誰だっけ?友人の父?生徒さん?近所の人?いや、だったら挨拶返すよね。昔お世話になった人?いや、まったくの無視ということは敵?それとも有名人?
さまざまなクエスチョンが渦巻くも、まったく答えが出ない。

正解を導き出すのに一週間くらい必要とした。

なでしこジャパン元監督の佐々木則夫氏だった。


[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/06/24 21:02 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/09/15 20:48 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04