fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

コロッケの神様 

2021/11/17
Wed. 05:35




行きの電車で読み始めた小説の冒頭が、コロッケを他人に譲ったことから始まるものがたりだった。

帰りがけにスーパーに寄った。
普段はあまり目もくれない惣菜コーナーの一角に、コロッケ5個入りがぽつんと鎮座していた。
周囲には何もなく、ほんとにそこだけスポットライトが当たっているかのようだった。
さらに半額シールまで貼ってあった。
これはもうコロッケの神様が降臨しているに違いない。誰だってそう思うだろう。
今日は料理はしないと決め、キャベツの千切り5〜6人前と一緒に買った。

死にそうになって完食した。
余裕でいけると思ったが、後半は義務で食べた。
コロッケの神様ってなんなんだよ、と思いながら食べた。



IMGP2712.jpg



クラランスのフットクリームを今年は使っているのですが、これがなかなか良いです。


 

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/06/19 04:15 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/10/13 13:24 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/11/28 09:52 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/11/28 10:00 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/11/28 10:57 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03