fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

しみじみと牛歩 

2021/12/11
Sat. 04:20




何人か(よく考えてみるとお一人でした)の方に訊かれたのですが、少し前のコロッケの本は、「ひと」小野寺史宜・著です。
最近、心にしみじみと染み渡るような小説が続いていて、師走真っ只中なのに、師牛歩みたいな感じになってます。



R0026423.jpg



某高校の国語の先生に勧められた、小川洋子の「ことり」を読みました。
しみじみとしたかなしさと、しみじみとしたあたたかさが同居している話で、読了したのは師走に入るだいぶ前ですが、これも牛歩に一役かっている気がしてなりません。
相前後してますが、「ひと」よりもこちらが先です。


[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/06/19 03:22 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/07/08 22:41 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2023/05/29 21:43 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03