fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

剥けた背中 

2021/12/22
Wed. 04:01




夢を見た。



IMGP3028_20211211124316b11.jpg



京急沿線に出来たという新しいビルに私はいる。
大規模商業施設で、多くの人で賑わっている。
フロアの片隅でうずくまっている人がいる。
肩から背中にかけて真っ黒に日焼けしていて、ところどころ皮も剥けている。
近寄ると、仲の良かった友人だったことがわかる。
あの頃からまったく歳をとっておらず、短くした髪はむしろ若返った感じさえする。
大丈夫?と私は訊く。
大丈夫。と友人は答える。
いつの間にか、その友人の叔母だと名乗る女性が横にいる。



[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2022/05/25 20:37 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03