fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

三浦しをんのすごさ「私が語り始めた彼は」 

2010/01/02
Sat. 23:54

「私が語り始めた彼は」。
奥付を見ると、彼女がこれを書いたのは28歳以前になる。
この若さで、これほど完成度の高い小説は、すごい。





ひさしぶりにテレビをつけてみたら、
関根勤の記号的笑い顔の、どアップだった。
瞬時で消した。

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

ありがとうございます。
今度、読んでみたいと思います。

atelierkoy #79D/WHSg | URL | 2010/01/04 02:07 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03