fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

姫皮 

2010/04/29
Thu. 05:05

よくお世話になるテニスクラブの裏に竹やぶがあって、
そこで穫れるタケノコを手に入れた。
灰汁抜きで使うヌカが無かったので、玄米を砕いてヌカ代わりにした。
(米ってなかなか砕けないのね)





タケノコは姫皮が好きだ。
まず姫皮なんていう名称がいい。
日本ならではの情緒あふれる言葉だと思う。
薄く柔らかい皮が何層にも重なった、たおやかな食感もいい。

薄く幾重にもかさなるものに、私はどうも弱いらしい。
バウムクーヘンだとかミルフィーユは言うに及ばず。
もし、十二単なんかを身にまとった女性が街を歩いていたら、
紀貫之が思わず「ぜひ古今和歌集に!」って言うぐらいの、
イカした恋の歌をすかさず詠んでしまうだろう。
それくらい弱い。

やばい。もう朝だ。
今日、試合だぞ。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

それって、、、米のとぎ汁でも良かったのでは?(笑)
私も昔コーヒー豆を買ったら挽いてないもので、仕方なくすりこぎ棒で砕きましたが、超粗挽きになりました。

M.ロス子 #79D/WHSg | URL | 2010/05/11 22:30 * edit *

玄米を研ぐっていう発想がなかったです・・・。
ちょっと違うかもしれませんが、粒コーンの缶詰だと思って買ったら、クリームタイプだったっていうことが2回ぐらいあります。

atelierkoy #79D/WHSg | URL | 2010/05/12 02:53 * edit *

あ・・・白米のとぎ汁ってことです。
そんなことを言ったら私なんて、アンチョビと思って買ったら、オイルサーデンだったっていうことが10回くらいあります。
学習機能、完全に壊れちゃってます。

M.ロス子 #79D/WHSg | URL | 2010/05/12 15:43 * edit *

家に玄米しかなくて・・・。
そのアンチョビ事件、私も一度あります。似てますよね!

atelierkoy #79D/WHSg | URL | 2010/05/13 03:55 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03