fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

そびれ 

2010/08/28
Sat. 02:59


信号待ちの、隣のスーツを着た男性が携帯でこんなことを言った。

「声をかけるのを忘れそびれていました」

声をかけることを忘れようとしていたのだけれど、
忘れることができず、つい・・・。

そんなニュアンスかな。

R0014692.jpg

声をかけそびれたんだよね、きっと。

こう暑いと言いまつがいもするよね。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-02