fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

「かたみ歌」 

2010/12/01
Wed. 04:33


朱川湊人という作家の「かたみ歌」という小説を読み始めました。
この作家の作品は初めて読みます。
直木賞を受賞したホラー小説家という肩書きを聞いていましたが、
きちんとした正当派の文章を書く方で、
この短編連作小説中の、それもまだ最初のふたつしか読んでいませんが、
私にとって、安心してページを繰れる作家の一人になりそうです。

このブログに付き合いの長い方はご存知かと思いますが、
私の前のマンションの"歪み"には、じゅんいち君という男の子が棲んでいて、
たまに"出て"くることがありました。
その、彼がまとっていた昭和初期的な物悲しい雰囲気と、
この小説集の中に流れるノスタルジアの風がとてもよく似ていて、
この「かたみ歌」を開くたびに、彼のことを思い出してしまうのです。

IMGP0114.jpg

これってほんとなんですかね。
http://www.youtube.com/watch?v=Xj0gLiqb7QI
(ニュース映像ですが、恐がりの方は観ない方がいいです)

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04