fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

菖蒲湯 

2011/05/06
Fri. 01:53


こどもの日というと、菖蒲湯の記憶しかない。
家には鯉のぼりも無かったし、五月人形なども無かったような気がする。

いまでこそよくある類いのバスタブになってしまったが、その頃の実家の風呂は檜だった。
こどもの日はきまって、この檜風呂に菖蒲の葉がばさっと浮いていた。
いま考えると風流だったんだなあと思う。
湯に浸かりながら、葉をぴりぴりと裂いたり、くちゅくちゅにまるめて(というかカクめてと言った方が近い気もする)エキスを必死になって出そうとした。
そんなことを兄弟でやっていたので、僕と弟が入った後の風呂は軽い事件の後のようだったはずだ。


IMGP1768.jpg


びゅんと季節は飛ぶが、そんな兄弟だったので、柚子湯のときは惨劇の後。

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

檜のお風呂って・・・・・どんだけ風流なんですかっ!!
私の実家なんか五右衛門風呂でしたよー
今はさすがにペコペコのバスタブですが、端午の節句には毎年菖蒲を浮かべています。
バスタブに菖蒲は全然風流ではありませんけど、メインはお風呂上りの柏餅なので気にしません。

M.ロス子 #- | URL | 2011/05/06 19:42 * edit *

Re: タイトルなし

そう!柏餅も!みそ餡が好きでした。
もうぜんぜん檜が似合うような家ではなかったのですが、父のワガママ的コダワリみたいなものがそこら中にありました。最近はぜんぜんワガママではないようでつまらないです。

KOY #- | URL | 2011/05/07 04:41 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03