fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

捨てるにしのびない存在感 

2011/08/11
Thu. 23:46



なにかに使えないものか、といつもアボカドの種を手にもって考える。
捨てる前に、ほんとに捨ててしまっていいのか、いや、いいだろう、食べられないし、他の用途考えつかないし、・・・彫刻?、いやいや彫刻なんて誰がするの?なんていう自問自答の時間がきまってある。
大きさはともかく、重さがちょっとしたアンパンくらいあるのが、そうさせる大きな要因だと思う。


IMGP2760.jpg


栽培すること以外なにかありますかね。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-02