fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

森の喧噪 

2011/08/14
Sun. 05:04



耳を澄ますと、緑で潤った木々を抜けて、せせらぎが聴こえた。
ひぐらしの声を従えて、水の音がここちよく響いた。
風が通りすぎて葉が擦れ、木漏れ日が動く。
名前のわからない鳥が鳴く。


IMGP2892.jpg


森の喧噪は静かだ。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03