fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

雄弁なる青 

2012/09/20
Thu. 02:02




太陽はまだまだ空の高いところにあって、白く塗られた建築は燃えるように輝いていた。
ファインダーでその白壁を切り取る。
空は写らずとも、その背後にあるであろう青は白以上に雄弁だ。



IMGP4121.jpg



それらが頭の中でつくるコントラストは遠き異国を偲ばせ、いつの間にか思考はその国を彷徨う。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-03