fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

ミュシャ 

2013/04/22
Mon. 03:49



ミュシャ展に行く。
思った以上に混んでいて、多くの作品を人越しに観なければならなかった。

「百合の聖母」ってこんなに大きかったんだ。

習作やスケッチがとても良かった。



R0019289.jpg



いつの時代も何かのきっかけで作家は大きく変わる。

その何かっていうのは、ほとんどの場合、人との出逢い。
変わるものは様々なもの。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04