fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

夕べのジジ 

2013/08/18
Sun. 01:16



西陽が斜に差し込む窓の網戸にアブラゼミがとまっていた。
前足は伸びきって、これ以上できないというほど、おもいきりのけぞっていた。
ああ、ツメが網戸からとれないまま寿命を迎えてしまうんだな、と思い近づいたら、ジ!ジジジジ!と強く鳴き始めた。
瀕死の態と思っていた姿は、実は、あごを上げて僕を見下している姿だったのだ。



R0015165.jpg



鳴き声をじぇじぇじぇにして、別の結びも考えましたが、それってどうなんだろうと思い、やめました。



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2024-04